「自然派」と「無添加」の本当のところ

「自然派」と「無添加」の本当のところ

「自然派」「無添加」だから肌にいいとは言い切れない

 

私は女性の美しさを追求すること、化粧品や美容グッズ、美容法など、何か新しいもの、人にすすめたくなるような素晴らしいものはないかといつも探しています。

 

肌によりいいものを使いたいと願う気持ちがとても強いのです。

 

そんな私ですが、最近ちょっと気になることがあります。

 

それはまわりの人たちのこんな言葉。

 

「自然派化粧品って、肌にいいから使ってます」

 

「私は肌が弱いから、無香料の化粧品しか使わないの」

 

添加物が入っていない自然派コスメは安心、鉱物油が入っている化粧品は肌に悪い影響を及ぼすなど、あの成分が配合されているから使ってはいけない、この成分が入っているから大丈夫というような声を聞いていると、そうなのかなあ?とちょっと疑問に思うことがあります。

 

たとえば、自然派と言われる化粧品。

 

植物エキスなど自然素材を原料につくられていて、「自然」や「天然」という言葉が並んでいると、なんとなく肌にいいような気になります。

 

けれど、たとえばレモンやキュウリなどの食品は強いアクをもっているので、日光に当たるとシミができる原因になってしまうことがあります。

 

自然のものは、そのままではかえって肌に刺激が強い場合も多いのです。

 

「自然=肌にやさしい」ではないのです。

 

「防腐剤は使っていません」はかえって危険?

 

無添加化粧品も同じ。

 

これは着色料や防腐剤などを使っていない化粧品ですが、安全性の面から考えても、無添加=肌にやさしいと言い切ることはできません。

 

また、実際は防腐剤のはたらきをするのに、防腐剤と表記しなくてもいい成分を使って、防腐剤不使用とうたっているものもあるのです。

 

無香料と表示されている化粧品だって、成分そのものの匂いを消すための香料が使われていることもあるくらいなのですから。

 

大切なのは、天然のものでも合成したものでも、その化粧品が、自分の肌に合い、きちんと効果があるのかどうかということ。

 

また、鉱物油は肌に悪いと思われることが多いようです。

 

これは、日本でも昔、粗悪な鉱物油を使った化粧品が出回った時期があり、このことから鉱物油は肌に悪いというイメージができてしまったとか。

 

ですが、一般的な化粧品の原料は大部分が鉱物油で、ワセリンや低刺激のベビーオイルも例外ではありません。

 

スキンケア商品を選ぶときは、偏った知識や思い込みではなく、自分がほしい効果がある、肌に合う、使って気持ちいいと感じる化粧品を探すことが大切です。

 

 

本当に効くコスメとは ⇒