トラブル肌を救うファンデーション

トラブル肌を救うファンデーション

トラブル肌をレスキューするファンデーションの使い方

 

肌が荒れているときは、メイクをしないほうがいい?

 

もちろん、肌をいたわり、休ませるためにはその通りですが、気になる肌荒れをカバーして、キレイな肌に見せたいと思うのが女心。

 

でも、肌荒れの上にそのままファンデーションを重ねると、よけいに肌荒れが目立ってしまいます。

 

こんなときは本当に憂うつですよね。

 

そこで、こんな方法を試してください。

 

洗顔後、化粧水でたっぷり保湿をしたら、乳液を重ねます。

 

なじんだら、また化粧水をつけ、乳液をつけることを何度か繰り返します。

 

肌にしっとりとうるおいがもどったら、リキッドやクリームタイプの油分か多いフアンデーションを薄く塗り、フェイスパウダーで仕上げます。

 

パウダーは、パフではなく、スポンジでつけると密着力がアップしますよ。

 

パウダーはパール感の強すぎるもの、マットな質感のものは、かえって荒れを目立たせてしまいます。

 

ルーセント(透明)タイプか、ごく微小のパール感のあるものがいいでしょう。

 

デコルテや首には「パール感のあるパウダー」を

 

肌の乾燥による荒れではなく、吹き出物ができているようなときは、メイクはしないほうがべ夕ー。

 

でも、どうしても気になる、というときは、ファンデーションを塗った後に、ニキビ、吹き出物専用のコンシーラーで部分的にカバーしましょう。

 

また、意外と気になるデコルテや首のしわもメイクでカバーできるのです。

 

洗顔後にスキンケアをするとき、首やデコルテにも化粧水、乳液をつけ、最後にパウダーで仕上げます。

 

パール感のあるパウダーを使うと粒子に光が当たって拡散し、しわが目立ちません。

 

胸元のあいた服を着るときなどにも、おすすめです。

 

 

透明肌の作り方 ⇒