何事もシンプルに

何事もシンプルに

肌美人の合言葉は「シンプル・イズ・ベスト」

 

20年以上前になりますが、シャンプーとリンスがいっしょになったリンス・イン・シャンプーが発売になりました。

 

いまでも、スポーツジムや温泉の浴場などで見かけますよね。

 

また、メイク落としと洗顔がいっぺんにできる洗顔料もよく見かけます。

 

このような、「手軽で簡単」という化粧品を、私はあまり信用していません。

 

手軽や簡単にするために、何かを省略していることが多いからです。

 

こういったものを使っていても肌や髪の毛に何もトラブルがないという人はいいのですが、ちょっと調子が悪い、もっとお肌をキレイにしたい、とまじめに考えている人は、それぞれひとつの効果に対応したアイテムを使ったほうがいいと思います。

 

たとえば化粧水。化粧水には肌にうるおいをりえる役割と引き締める役割がありますが、最近は併用タイプがほとんどです。

 

でも、洗顔後に水分を与えたいなら「うるおいタイプ」がいいし、毛穴を引き締めてすっきり肌になりたいなら「収れんタイプ」がよいでしょう。

 

どちらの効果も欲しいなら、ふたつ使うほうがよいのです。

 

コスメの「即効性」に頼りすぎない

 

「いいとこどり」とは別の意味で、最近は即効性のある高性能なハイテク化粧品も次々に出てきています。

 

肌の調子を見違えるくらいよくしてくれることもあるハイテク化粧品ですが、使い方によってはかえって調子を崩す場合もあるようです。

 

肌荒れで悩んでいた人が、あれこれ使うのをやめてシンプルなケアを徹底したら、肌が改善されることもあります。

 

高価な化粧品をいくつも使うよりも、結果的にシンプルにしたほうが効果があったわけです。

 

化粧品の性能がどんどんレベルアップしてきているのは事実です。

 

でも、おいしいけれど高カロリーな食べ物ばかり食べていると生活習慣病になってしまうように、キレイな肌を手に入れたかったら、お肌のお手入れも基本は「シンンプル・イズ・ペスト」と覚えておいてください。

 

 

正しいクレンジングのやり方 ⇒