ファンデーションをキレイにつけるための化粧下地・日焼け止めのつけ方

化粧下地・日焼け止めのつけ方

化粧下地・日焼け止め

 

スキンケア後の肌に、はじめに使いたいのが「化粧下地」や「日焼け止め」。

 

日焼け止めは日焼けだけでなく、紫外線の影響による肌の老化も防いでくれます。

 

化粧下地は、ファンデーションなどのノリやつき、持ちをよくして崩れにくくしてくれます。

 

スキンケア効果が高いもの、軽いベース代わりになるもの、コントロールカラーになるものもあるのでチェックしてみましょう。

 

化粧下地を薄く均一にのばすことでファンデーションなどのベースメイクが崩れにくくなり美しく仕上げることができます。

 

化粧下地・日焼け止めの種類

 

肌色や肌質チェンジ、肌の凹凸補正など、機能やテクスチャーも多種多様。

 

自分の肌に合うものを選びましょう。

 

ピンク系タイプ

ピンクベージュのくすみ消し効果で明るい肌になれます。

 

SPF高めタイプ

日差しの強い夏でも安心して外出できます。

 

パール入りタイプ

パールの光反射効果によって肌がワントーンUPします。

 

クリームタイプ

小鼻の毛穴、テカリをカバーして化粧崩れを防ぐことができます。

 

美容効果高めタイプ

美容エキスが配合されていて、スキンケアの効果も期待できます。

 

化粧下地・日焼け止めのつけ方

 

ステップ@ 両ほう・額・あごの4か所にのせる

 

 

両ほお、額、あごに化粧下地(日焼け止め)をパール1粒分ずつのせます。

 

のばすときは両側同時に。

 

半顔ずつだと乾いて固まってしまいます。

 

 

ステップA 両側のほおからのばしていく

 

 

両側のほおにのせた化粧下地を、中指と薬指の腹を使い斜め上方向にのばします。

 

「外側へ」を意識しながらぬり広げていきましょう。

 

 

ステップB 鼻筋部分と小鼻まわりにのばす

 

 

ステップAでぬり広げた、指に少量残った化粧下地を小鼻まわりや鼻筋へのばします。

 

小鼻まわりは中指で密着させるとヨレにくくなります。

 

 

ステップC 額から髪の生え際にのぱす

 

 

額にのせた化粧下地を同じように中指と薬指で放射状に、下から上へのばします。

 

内側から外側へ向かってムラなくのはしていきます。

 

 

ステップD あご部分を円を描くようにのばす

 

 

あごにのせた化粧下地を、唇下に向かって円を描くように塗ります。

 

唇下からは口角に向かってV字状にのばし、ほお部分となじませます。

 

 

ステップE フェイスラインをのばし、なじませる

 

 

親指以外の4本の指で、髪の生え際や首との境目などのフェイスラインへとのばします。

 

フェイスラインの少し内側から、外方向に化粧下地が薄<なるようにぼかします。

 

 

ステップF 目元部分をのばす

 

 

主に薬指の腹を使い、目尻を起点に上まぶたと、目の下をそれぞれ目頭部分に向かってさするように薄くのばします。

 

 

CCクリームのつけ方 ⇒