毛穴の黒ずみを消す

毛穴の黒ずみを消す

救世主はオイルマッサージ

 

私は打ち合わせをしているとき、友達とおしゃべりをしているとき、ついまじまじと相手の顔を見てしまうことがあります。

 

とくに肌の状態は気になるもので、鼻の頭にはつい目がいってしまいます。

 

鼻にポツポツと毛穴が目立っている人もいれば、スベスベでまったく目立たない人もいます。

 

毛穴がキレイだと、肌全体に清潔感が出ますが、反対に黒ずんでいたりすれば、ほんの少しであっても全体的に汚れた印象になるから不思議です。

 

毛穴の悩みは、いまや年代を問わず、1、2を争う悩みです。

 

そもそも、毛穴がポツポツ目立ち、さわるとザラザラしているのは「角栓」と呼ばれる皮脂の汚れが毛穴につまるから。

 

人間の肌の表面にある角質層というものは全部で24層にもなっていて、毎日1枚新しい層が生まれて、1枚はがれ落ちるようになっています。

 

このはがれ落ちた角質が落ち切らずに毛穴のくぼみにたまってしまい、毛穴の奥から出たくる皮脂や外からの汚れなどを巻き込んでいっしょになって固まってしまいます。

 

これが角栓です。

 

週に一回の「毛穴ケア」で小鼻をツルツルにする

 

新陳代謝が激しいときは、角栓もたまりやすいもの。

 

毛穴がぽっぽつと目立つ人は、週に1度ぐらい毛穴のケアをするといいでしょう。

 

私のおすすめは、いわゆる化粧油を使って溶かしてオフする方法で、オイルは基本的になんでもOK。

 

昔からある椿オイルや料理に使うエクストラーバージンーオリーブオイルでも大丈夫です。

 

まず、60℃ぐらいの熱めのお湯を洗面器にはって顔に湯気を当てて毛穴を開かせてから、オイルをたっぷりつけた指先でくるくると軽くマッサージします。

 

小鼻のカーブの溝にピタッと指先をフィットさせるのがコツです。

 

2〜3分程度でOKで、目安は週に2〜3回、これだけで小鼻がツルツルになります。

 

ただし、力を入れすぎたり、やりすぎたりすると肌が赤くなり、皮膚炎になる場合もあります。

 

くれぐれも気にしすぎ、やりすぎは禁物です。

 

他には、毛穴パックで根っこから角栓を抜きとる方法も人気ですが、刺激が強いのでやりすぎてはダメです。

 

そして、アフターケアもきちんとしてください。

 

毛穴が黒ずんでいると、ついファンデーションで隠そうとして厚塗りになり、メイクが崩れやすくなる……という悪循環になってしまう場合があります。

 

毛穴の皮脂や汚れは、とにかくためないことが一番。

 

基本は、毎日の洗顔をていねいにすること。

 

小鼻のカーブに指先をぴたっと当てて洗うのがコツです。

 

また、皮脂を溶かす効果のある酵素人り洗顔料を使うのもおすすめです。

 

また、化粧水や乳液をきちんとつけて、小鼻周辺の肌の水分と油分のバランスをよくすると、肌に余分な皮脂がたまりにくくなります。

 

また、ガーゼのようなやわらかな布を人差し指に巻きつけ、洗顔料をつけてやさしくこすり洗いをするのもいいですよ。

 

ポイントはごく軽いタッチで行なうこと。

 

この場合もやりすぎないことが大事です。

 

 

たるみ毛穴を消す ⇒