透明肌の作り方

透明肌の作り方

チーク&ハイライトで純粋透明な肌々をつくる

 

私から見ても、「素肌がキレイだな」と感じる人には秘密があります。

 

それは、チークやハイライトの使い方が上手なこと。

 

チークは素肌をより健康的にキレイに見せてくれます。

 

でも、「チークはあまりつけない。買ってはみたけれど、上手につけられなくて、しまったままになっている」という方も多いようです。

 

上手につけるポイントは道具にこだわること。

 

付属の小さなブラシでは、プロの人でも上手につけられません。

 

ぜひ、専用のチークブラシを用意してください。

 

獣毛で毛がたっぷりとした、肌あたりのよいものを選びましょう。

 

一度買ってしまえばずっと使えますから、ここはケチらず品質のよいものを選んでください。

 

チークは大きめのブラシでほおにふわっととのせるだけ、1分もかかりません。

 

これだけで「素肌のキレイ」がアップし、ほのかに上気したような、元気でやわらかな表情がつくれます。

 

ハイライトの偉力!光を集めて「立体的な顔」に

 

また、ハイライトを使って、肌にツヤとメリハリをプラスすれば、さらに素肌がキレイに見えてきます。

 

ハイライトは、料理の仕上げに使うと、びっくりするほど味がよくなるスパイスのような存在。

 

入れると入れないとでは、仕上がりに断然差がつきます。

 

ハイライトは、オフホワイトや明るいベージュ、ピンクなどを選び、鼻すじや額、目の下、あごなど出っぱっているところに部分的に入れます。

 

ここに明るい色をのせることで光を集め、立体的な顔に見えるのです。

 

鼻すじがスツと通った美人顔になる上、くすみが目立たなくなり、明るい表情になるなど「いいこと」づくめ。

 

ぜひ、いつものメイクにプラスしてみてください。

 

つけるときは、幅が2〜3mくらいのブラシがおすすめ。

 

もしくは、チークを買うとついてくる携帯用の小さなチークブラシをハイライト用にするのもいいでしょう。

 

 

しわは上手く伸ばして消す ⇒